淡々と笑顔

淡々と生きる私の、日々思うことをつづるブログ

言わないことにしたその後(1)


ゴミを捨てないこと

食器を下げないことなどについて

私は何も言わないことにした。

 

tantankotantan.hatenablog.jp

 

これまでも

「もう知らない!」と思ったことは

数知れないが

 

「部屋がきれいだと気持ちいいね」

「散らかっているのを見るの悲しいな」

など、言い方を変えながらも

 

本当にもう知らない、と放棄したことはなかった。

正確にいうとできたことはなかった、というべきか。

 

「親としてのうんぬん」とか

「思ったように動いてほしい」とか

 

そのようなものがずっと

自分の心の声よりも優先されていたからだ。


「もうやーめた」

 

そうしてがんじがらめにされていた鎖から

解放されたであろう心は

すっかり軽くなった。

 

部屋全体が散らかっているのは嫌だったので

散らばっているあれもこれも関係なく

ほいほいと1か所にまとめた。

 

少なくとも私の通るラインはスッキリだ。


その山を見ても子どもたちは無反応で

それどころかお菓子のゴミや

使った後のバスタオルなどが

更に増えていく。

 

どうやら子どもたちには

大したことではないらしい。

 

そんな様を見て

本当に私は無駄なことをし続けていたんだなあと

自分自身のかわいさに笑えてくる。

 

f:id:tantankotantan:20180908142748j:plain